こんにちは!

お元気ですか?今夏になってきましたね。天気が熱くになってきて、風邪を引いわないで気をつけてください!

今日は今月のクリエーター「VICTOR INTERIANO」さんを紹介したいとおもいます。

私はVictor Interianoです。中央アメリカ、サンサルバドールの出身で、コピーライター、デザイナーそしてミュージシャンをしています。大学でグラフィックデザインの勉強をしましたが、10代のころから歌やポエムを書いてきました。ですので、卒業後、広告向けのコピーライティングを専門にすることにしました。そうです。広告代理店で11年間勤務しています。

素晴らしい!彼のポートフォリオはこちらです。

eYekaについてはどうやって知りましたか、またそれはいつですか?

eYekaについては友人 (Enrique、ありがとう)から聞きました。彼はコンテストで優勝し、そのことについて教えてくれました。彼がデザイナー、そして僕がコピーライターというチームとして、いくつかのコンテストに参加し始めました。この素晴らしいアイディアについて彼から聞いて、興奮しました。そしてそこから参加し続けました。

コンテストに参加しようと思ったきっかけは何ですか?

あなたがどのような能力を持っているかを世界、そしてほかの同僚にに示すためのアイディアはとても満足のいくものでした。勝てるかどうかが問題なのではなく、仕事に没頭したこと、そしてそれは非常に貴重です。そしてまた、ほかの人の意見や、それについてどう考えるかを聞くことも、素晴らしいことです。

あなたにとっての最も大きな成功は何ですか?

実際、日々の小さいことも楽しんでいます。新しい一日に目が覚めることは、毎日の素晴らしい成功だと思っていますよ(笑)。しかし、プロとしての成功となると、地元の広告フェスティバルでの優勝でしょうか。チームでそういったことに取り組むのはいつもとても楽しいですし、広告を仕事としてではなく楽しいアクティビティとしてとらえると楽しいですよ。そして、音楽をプレイするのは大好きです。バンド、Voltarとともにツアーに行くのはまるで夢がかなったようでした。オーディエンスの前でプレイすると自然とにっこりしてしまいますよね。

”クリエーションプロセス”をお持ちですか?それとも”ただ流れに任せて”ますか?

そうですね、まず書類を読みます。それからすべてをやめて、散歩にいって、ギターを弾いて、飲みに行きます。その他のことだったらなんでもいいんです。ただ”休ませ”るために考えから離れます。そして一日経ったら、言葉、言葉、関連といったものに取り組みはじめ、コンセプトを組み始めます。コンピューターに向かい、参考になるものを探し始めます。その後、コンセプトのビジュアルを作成し始めます。このプロセスは一人で仕事をする際は良いのですが、友人と仕事をする際は、主題に関して、以前見たか、覚えている面白いもの、ジョーク、映画について離し始めます。そしてコンセプトとビジュアルを一緒に作ります。

あなたに関して、私たちが知るべきことは何かありますか?

ええっと、ピザとチキンが好きですね(笑)。動物が大好きなので、動物園の中を歩きたいです。楽しいことといえば、eYekaのようなクリエイティブなブリーフを作っているところです。あなたがたのおかげでクライアントの質が上がりました。

10年後には何をしていると思いますか?

私は最近仕事を辞めて、デジタル広告代理店を私の姉妹と立ち上げました。彼女はマーケティングを担当しています。ですので、会社を大きくするために働いて、音楽も作っていると思いますよ。

10年後のeYekaはどうなっていると思いますか?

より大きく、世界中にオフィスを構えて、ローカルならびにグローバルなkるアイアンとが、世界中の素晴らしい人々と素晴らしいキャンペーンやビデオを作る助けをしていると思います。これは本当にクリエイティブなプレイグラウンドで、このコミュニティーで私自身も何年もクリエーションを続けてほしいユニークなクリエーターを何人も見つけました。

一言で結論をお願いできますか?

賞を取るために挑戦するのではなく、クリエーションがあなたのパッションだからこれに参加してください。参加し続けることで、自分自身の成長が見られるのは素晴らしいことですよ。

VICTORさん、ありがとうございます!またeYekaであなたの素晴らしい作品を見て楽しみにしています!