こんにちは、eYekaの皆さん!

今月のマンスリークリエーター 2016年8月:フイリピンからのShobzさんを紹介したいです。彼はeYekaで5年間以上参加していて、500ぐらいのアイデアを提出しました。スゴイね!以下は彼の経験譚です。

やぁ Shobz!

まず簡単に自己紹介してください(職業、社会人?学生?出身地、趣味、皆さんに言っておきたいこと)。

Mabuhay!Shobz と呼んでください。出身は東洋の海の真珠、フィリピンです。私はアジアパシフィック大学のABマルチメディアアーツ学部を卒業しました。私はかつて様々なクリエイティブ部門でマルチメディアスペシャリストとして働いていました。そうした職場で、政治、宗教および環境に関わるクリエイティブなコンテンツの制作を経験しました。しかし、フィリピンは交通のストレスが強かったり、給料もそれほどよくないので、ここで働くのは非常にストレスが強いことが分かりました。

フリーランスのよい点は一国一城の主だということです。ミュージシャン、ゲーマー、ジム通い、ペット飼育者、空想家になろうというそれ以外の情熱に費やす時間の方が長いですね。いやぁ!(笑)よく白日夢には耽っていますよ。白日夢は時間の無駄ではありません。現世的な発想を概念化したり視覚化できたりしますからね。

「奇想天外なアイデア」について言えば、私はスティーヴン・ホーキングや加來道雄の大ファンなんですよ。異次元空間、地球外生物、宇宙の起源などを想像するのが大好きです。陰謀説も大好きです。どうぞ変なやつと呼んでください。でもこうした話題は私の心を本当に生き生きとさせてくれるのです。

あなたが最初にeYekaに入賞したのは2011年3月でしたね。eYekaをどうやって知ったのですか?なぜ参加してみようと思ったのですか?

かつて私は、スキルを高めるためにフィリピンでクリエイティブコンテストに参加し優勝したこともありますが、eYekaは全く新しい国際的レベルのチャンスを私に与えてくれたのです。私はeYekaをFacebookで知りました。そこで昔のeYekaのウェブサイトにリダイレクトされたのです。私はそのサイトが合法的なものか試すために参加してみました(笑)。最初にいくらかの賞金を獲得してから、自信が付き、さらに続けることになったのです。

それまでは知らなかったのですね。しかしこれまでにあなたは508件のアイデアを応募しています。参加の原動力となったものは何ですか?

本当に508件?それは知りませんでした。(*^o^*)応募回数を数えたことはありませんが、自分の作品集(優勝/最終選考まで残った作品)として、または追々手直し(落選/不合格作品)するために全部、保存してあります。正直なところ、参加する前は今と比べれば積極的でもなければ真剣でもありませんでした。以前は、暇つぶし、気分転換、スキル増進の手段としか見ませんでした。しかし、現在ではフルタイムのクリエイティブチャレンジだと考えています!

ところで、最近私がやる気を出すのは、新参者なのにたくさんの賞を取ってしまうメンバーをうらやましく思うときです。私ですか?私はもう長いこといますが、入賞したのは数えるほどですよ。ですから彼らを巻き返して、自分自身に挑戦しなければならないのです。では競争心について議論してみましょう!ハハハ!

22回の入賞のうち、最大の成功/業績は何ですか?

第一はDirt is Goodビデオコンテストで得たこれまでで最大の賞です。第二は、最近、獲得したTefarlクリエイティブライティング賞です。しかし、重要なのはブランドが私のアイデアと努力を認知してくれたということですから、こうした受賞は私にとって貴重なものです。

賞金で何をしましたか?または何を買いましたか?

ほとんどは貯金しました。一部は自分を改善できるもの、特にテクニカルツール、ソフトウェア、ロイヤルティーイメージプランなどクリエイティブなアウトプットを強化できるものに投資しました。また別の一部を家族に、そして少額ですが募金しました。J

eYekaコンテストにあなたのクリエイティブプロセスの秘訣を教えてください。あなたをインスパイアするものは何ですか?

できるだけ白昼夢を見るようにしています!ピアノを弾いている時、外で働いている時考えたり集中するために静かでもったいぶった雰囲気は私には不要です。通勤時に、バスや電車の車窓から外を見て、周囲を感じ取り、考えに耽ります。買い物をしている時は、商品、買い物客を観察し、どうやったら革新できるか想像します。周囲の環境を見渡し、人々の意識、消費者の商品に対するレスポンス、人々の行動様式を洞察することです。外に出れば、世界は非常に大きいため、周囲を観察することで、想像力を容易に高めることができます。

私をインスパイアするものは、さらに深く追い求め、常に自分自身にチャレンジするという衝動です。

eYekaを一口で言うと何ですか?

無限の想像力のパラダイスですね。

最後に言っておきたいことはありますか?新しいクリエイターへのアドバイスは?簡単に締めくくってください。

他のクリエイターを代表して、eYekaが無限のチャンスを与えてくれることに感謝します。クリエイター仲間に対しては、団結して想像力と競争力を高め、大切なアイデアのためには時間と労力を惜しまず、アイデアを発表するチャンスを最大限に活用し、決してあきらめるなと言いたいですね。 

eYeka万歳!

フィリピンを訪れて、様々なビーチや観光スポットをお楽しみください!