私たちはeYekaで毎日数多くのエントリーが提出されるのを目にしています。 そのうちの一部が入賞し、ほかのものがダメだった様子も見ています。 様々なブランドにより何度も何度も同じクリエーターが認められ、賞を与えられている一方で、素晴らしいアイディアなのにもかかわらず入賞の棒にも箸にもかからない状態のままのものを見かけることも時にあります。

新鮮なアイディアはどこにでもあると思いますが、適切なプレゼンテーションは全方位なものです。 そこで私たちはあなたのエントリーをスピーディーに充実させ、アイディアを輝かせるサポートとなるであろうシンプルなガイドラインのリストを作成しました。

第一印象は大きく影響するといわれています。 ですので、あなたの作品の第一印象が才能を示す機会を減らしてしまわないようにしましょう。

ビデオ以外のコンテストのための一般的なクリエイティブガイドライン (テキストによるプレゼンテーション)

  • 絵コンテとテキストを使った複数ページのプレゼンテーションを作成している場合、縦型の様式ではなく全体の構造を維持するようにしましょう。 その方が読み手にも読みやすくなります。
  • PowerPointもしくは近似したソフトを使って提出物を作成して、それをPDF形式で保存してください。
  • 必ずテキストの見直しをしてください。 ほかの言語から英語に翻訳する場合は、翻訳の質が高いかどうかを確認してください。 テキスト全体をオンライントランスレーションに入れて、機械翻訳することは避けてください。 こういったことは常にテキストの内容が明白に伝わるかに影響し、そして時にあなたのアイディアをほとんど伝えられないといったことを引き起こします。 テキストに文法上のミスがあったり、翻訳されていない言葉があったりすることで、アイディアがもたらすエキサイティングさを殺してしまうことがあります。
  • テキストはちゃんと読めるようにしましょう。 フォントは11ptより大きく、非常に明るい半透明の色は避ける 必要があります。 フォントでクリエイティビティを示す際は慎重に。 コンサバティブな表現にとどまったほうが効果的な場合もあります。
  • 読者の立場に立ってもっと考えてみましょう: つまりそれを読まなくてはならない人にとっては頭痛の種でしかない、ばらばらになった、密集したテキストを提供するのは避けましょう。 ヘッダー、テキストブロック、イラストはどんどん使って、重要な部分を強調しましょう。
  • エントリーはシンプルにわかりやすいものにしましょう。 文書のすべてのページに同じスタイルを適用してください。
  • 概要内に回答必須質問が含まれることがよくあります。 概要内のこれらの質問があなたをサポートします。 アイディアを作成する際はチェックリストとしてこれら質問を利用してください。 これはあなたのアイディアが優れていることをブランドに納得させる、追加的なチャンスです。 つまり、一般的な回答や、概要からテキストをコピーペーストするのは避けましょう。 適切な回答は本当の意味で、あなたのアイディアに多くの価値を追加します!
  • Googleの検索/ Wikipediaから得られたテキストや説明をコピーし、エントリーに貼り付けるのも避けましょう。 これによりエントリーは長くなりすぎたり、アイディアをちゃんと説明できなかったりします。 インターネットからの詳細情報を使用して、あなたの作品や観点を説明したい場合は、要約して、それらをアイディアとリンクさせるようにしてください。 長くする必要はありません。短く、正確な説明がより優れています。
  • あなたのエントリーは、リクルーターに履歴書を送るのと同じだと思ってください。 こういった方法で通常あなたのエントリーを評価するプロは大勢います。 どんなストーリーを伝えようとするのかを注意深く選択し、素晴らしい編集、わかりやすい説明、注意深く選んだイラストのサポートによりあなたのアイディアを「売り込んで」ください。

コミュニケーションコンテスト (ポスター/広告)

  • ポスターに取り組んでいる場合は、美観性が常に重要であることにご留意ください。 あなたの提出物は視覚的に魅力的で、簡単に理解できるものである必要があります。 入賞のチャンスは、エントリーがビジュアル的に魅力的で、スマートなアイディアがあれば、大変高まります。
  • ポスターはジャンルレスで「シンプルが最高」の理念に従いましょう。 コラージュの中で分断されている複数の小さなイメージから、もっともパワフルなビジュアルを選択しましょう。 小さなビジュアルやテキストの多すぎるものは避けましょう。 インフォグラフィックスや漫画を作成しないようにしましょう。
  • ポスターに掲載するテキストの量を最小化しましょう。 短いパンチラインで十分すぎるくらいです。 あなたのアイディアはメインビジュアルを通じて伝わらなくてはいけません。 アイディアはポスターを見て、タグラインを読めば簡単にわかるものでなくてはなりません。 あなたのコンセプトを理解するのにテキストを一ページ分読む必要がある場合は、コンセプトにもう一度取り組みなおした方がよいでしょう。
  • ポスター/広告は常にメインビジュアルを含む必要があります。 フォントがいかに素晴らしくても、テキストのみは避けましょう。
  • 最後に、あなたのアイディアがどのくらいマーケティングキャンペーンで使用できるかも考えてください。 コンテストの一部でなくとも、アイディアの便利な使用方法や「クラッシュテスト」として、それについて考えてみてください。

コミュニケーションコンテストの例: Hyundai(ヒュンダイ):

これは実際のeYekaのコンテストから抜粋された例です。 このコンテストは、 人々が車に関する、鮮やかで、思い出に残る経験をする、オリジナリティあふれる、ユニークで、共感できるストーリーを考えてください。

こちらが入賞したアイディアと、作品で避けるべきものを描出した4例です:

新しいイノベイティブな製品/サービスをデザイン

  • Stay “out of the box”: イノベーションとは新鮮な考え方につきます。 見たこともないような何かを求めていますので、製品やカテゴリーについて、クリエイティブプロセスの際にリサーチするようにしてください。
  • あなたの提出作品は、エントリーを読み始めた際にすぐにわかるような強い観点/コンセプトにより、簡単に理解できるものである必要があります。
  • 1ページ使って、コンセプトのコアの部分を説明し次のページからを展開し、アイディアの適用や利点を描出するようにお勧めします。
  • フォーカス:強いアプローチを一つだけ選び、一点に集中したアイディアにフォーカスするよう推奨します。 一つのコンセプトにすべてを含まないようにしてください。
  • あなたの作品はほかの人に評価されるため、説明は明白で、強いインパクトのビジュアルによってサポートさせることをお忘れなく。

「パスタの準備」イノベーションの例:

例えば、コンテストで新しいパスタ製品を作り出す場合、こちらがそれに取り組む様々な方法です。 エントリーがあまり洗練されていなくても、しっかりと説明されて、明白に描出されている限り、必ず入賞の可能性は高まります。

「経験」プロジェクトの例: こういったタイプのチャレンジには「一つの最も優れた正解」は有りません。 この場合テキストが多くなるため、はっきりとわかりやすく、シンプルにする必要があります。 テキストを最も優れた方向にまとめる方法、論理的なパーツに分け、アイコン、マップ、図、ビジュアルを使う方法などを考えてください。

次のようなエントリーを提出するのは避けましょう:

 エントリーには次を含むようにしてください: 

これらヒントが入賞エントリーを作成し、アイディアが輝かせるサポートとなればよいなと思います。 

そのほかのアイディアやフィードバックを送っていただける場合は、お気軽にいかにコメント欄にて共有いただくか、support-en@eyeka.com までご連絡ください。

頑張ろう! 

eYekaチーム