こんにちは eYekaのみなさん !

とうとう明るい7月がやってきました。さあインスピレーションを与えてくれる新たなクリエイター・オブ・マンスに会ってみましょう。 今回はモビリティコンテストにおけるアイディアで最も私たちにインスピレーションを与えてくれる、ブラジルのフリーランサー、Marcio/mhfroisをご紹介したいと思います。 早速彼に会って、空いている時間は何をしているのか、インスピレーション源は何なのか、eYekaで256もエントリーが受け付けられた秘訣は何なのかの詳細を学んでいきましょう。

https://eyekaen.uservoice.com/assets/122812627/MFrois_6.JPG

Marcio、ではあなた自身について概要を教えてください。あなたのバックストーリーは? eYekaでの素晴らしい製作以外にどういったことをなさっていますか?

小さなころから想像力が豊かでした。 そして、漫画を読んだり、アニメを見たり、TV番組を見たりするのが好きでした。 その頃は近所に出かけて行って、自分のヒーロー物語を作っていました。ひとりきりでいても楽しかったですね。 BOB’S WORLDの落書きみたいなキャラクターでしたね、アハハ! 大人になってからは、広告業界のキャリアを追及し続けてきました。 住んでいる都市の文化機関で11年ほど働きました。 その際に素晴らしい友人がエージェンシーに招いてくれて、そこで2年ほど働きました。 現在は技術系の会社にいますが、フリーランサーとしてクライアントにサービスも提供し続けています。

 eYekaのメンバーになってまだたった1年ですねeYekaのメンバーになって1年たちますよね。プラットフォームに参加したのはいつで、そのきっかけとなったことはどういったことか教えてください。

僕のもう一人の素晴らしい仏教徒の友人、Alexandre Godoyが2011年からeYekaのメンバーで。 彼はビデオコンテストに取り組んでいるんですが、あんまり参加する時間がないんです。 2016年に彼が直感的に僕に電話をかけてきて、彼とコンテストに参加して、賞金を分けようと誘ってきたんです。 その時、僕は大手広告代理店で、多国籍なクライアントとエキサイティングな仕事で働いていました。 仕事では常に実現できるというわけではないので、自分自身のクリエイティビティを本当に何とかしてやる必要があったんです。 そこでeYekaのコンテストに参加することで、自分自身のイマジネーションを、過剰すぎる制限をかけず、範囲を決めて漂わせることができました。

eYekaコンテストにあなたのクリエイティブプロセスの秘訣を教えてください。あなたをインスパイアするものは何ですか?

最初はすべてのコンテストに参加したくなるほどハッピーでした。 でもしばらくして、理想的なのは最上の、フォーカスできる仕事を選ぶことだとわかりました。毎月数多くのプロポーザルが提案されるので。 コンテストを選択したら、コンテストの概要を携帯電話のGOOGLE KEEPに保存し何度も読み返します。これは過去に概要に合致しないため、何度か参加資格がなくなったことがあるからです。 日中は、アイディアがあるときはアプリケーションを開いて、ノートを取ります。 夜は、自宅でインターネットを使ってブランドについて少し調べて、イメージストック型のサイトで何枚か写真を選択し、イノベーションのアイディアを求めるプロジェクトの場合であれば、何か新しいものを生み出すサポートとなるような新技術をリサーチします。 最後にすべてのアイディアを書き出して、そこから一つ、もしくは複数を選び、テキストを描いていって、質問に回答します。 これらの作業が終わってからのみ、ビジュアルパートの作成を始めます。

https://eyekaen.uservoice.com/assets/122812591/MFrois_1.JPG

たった一年間の間で256作品が受理されて、4作品が入賞していますね!おめでとうございます! どのように実現されましたか?どういったプロセスで取り組んでいますか?

ありがとうございます!! 「あなたのプロポーザルが選ばれました」というメールを受け取るたびに、トップのエネルギー感じます。それは素晴らしいことなんです。 クリエイティビティに関して読み始めるところから、それは徐々に起こる連続していないプロセスです。 概要を読んだ後、ブランドリサーチ、テクノロジー、写真を求めてネットで検索を行い、アイディアをしばらく寝かせておいて、徐々にクリエイティブなソリューションについて考えていきます。 2016年7月の最初に受賞した「EXCITING YET STABLE LIFE」について覚えていますが、昼食の後、木のベンチで休んでいるときにアイディアを思いつきました。 まるで閃光のように、素早い思い付きでした。 もちろん、時々その仕事に関して本当に興奮して、入賞できるだろうと本気で思っているのですが、そういったことは起こりませんね。 しかし重要なのは、ほかの参加者が入賞してもハッピーであることです。 コミュニティーボードからチャンピオンが選ばれるのも、素晴らしいなと思います。 コンテストには本当に素晴らしい人たちが多く参加していますよね。

コンテストの作成プロセスにおいて、家族に参加してもらっていることに関しては、言わざるを得ません。 私の17歳の息子、Julio Campos(写真)は、よく私の作品の質を上げてれ、アイディアを提案し、意見を聞かせてくれます。 VICKSのコンテストでは、エントリーのインスピレーション源はCampos Fróis出身の77歳の私の母です(写真は有りませんー写真を撮られるのが好きではないので!)。 アイディアはVICKSブランドの形のゴム手袋で、製品が直接肌に触れなくとも軟膏を浸透させるものです。 毎週土曜日の午後、eYekaのプロジェクトを作成しに母の家に行くんです。

https://eyekaen.uservoice.com/assets/122812537/Julio_Frois_2_son_.jpg

私の美しい姪Fernanda、9歳、Marina Fróis Lages、7歳 (写真)、そしてFelipeとGiovana Fróisも、​​TEFALのコンテストで、複数の食べ物を別々に同時に調理できるパネラのアイディアのインスピレーション源となりました。 私の妹で、二人の姪の母でもある Valéria Fróis (写真)も素晴らしいアイディアでサポートしてくれます。 現在彼女と私は新しい香水体験のコンテストのエントリーでも参加しています。 このストーリーのヒントをかぎ取るのはちょっと待ってみましょう、アハハ! 違う年代のグループの人が製品やソリューションに対してどのように考えているかを知り、理解することは面白いなと思っています。 子供たちは常に自由な発想を持っています。 こういった理由で、機会があるときはいつも、ブレインストームに自分の家族の参加を求めています。

https://eyekaen.uservoice.com/assets/122812519/Fernanda-MF_-_Marina_3.JPG

特に誇りに思っているお気に入りのエントリーはありますか?あるとしたらどれですか?

入賞したりしなかったりする作品の中で一番気に入っているのは、とても大きなプロジェクト(かつ大きな予算がついていると思います)「ENGAGING WITH NATURE」コンテストのために作った作品です!そして開発において大きな楽しみを提供してくれる、大変クリエイティブなものです。 そして大変未来的で同時にリアリスティックな、未来における交通機関のソリューションを考えるコンテスト、「 UNIVERSAL FREE TRANSPORTATION」もです。 このコンテストの最初の作品は拒絶されたのですが、締め切り後にもう一つプロポーザルを送付しなおしていいか、eYekaのサポートにメールで尋ねました。 それが当たりました! 仲裁に当たったスタッフが24時間余計にくれ、受理されるプロポーザルを送ることができました。 入賞は素晴らしいことですが、メンバーに投票されることや、参加賞を受け取ることといった、何かインスピレーション溢れることをすることも本当に楽しいですよね。 eYekaにアイディアを送り、作品が入賞できなかったというメモを審査員が送ってくることもあります。 それすらも楽しいですよ!

いつからクリエーター人生をスタートさせましたか?

子供のころから「だじゃれ」を作るような、言葉で遊ぶための素晴らしい環境に恵まれていました。 もう避けられない中毒みたいなものです。 12歳になった時に、高校の40周年の記念のブランドコンテストに入賞しました。 アーノルドシュワルツェネッガー主演のターミネーターを見た後は、フィクション/ストーリー構成/趣味の映画などの作成を始めました(現在でも物語を書くことを考えています!)。 23歳の時に大学の広告コース20周年のためのマークを作成しました。 姪がバースデーをするときは、パーティーのための個人的なインビテーションを作成しています。楽しいですよ。 特に私はブランドを作るのが好きですね。 掲載されたOFRBマークは私の兄弟のVinicius Fróisの法律事務所のものです。 アイコンは、4人のパートナーのユニオンをある種で象徴していて、ある種の同盟を表しています。 この、大変シンプルで力強い、特別なクライアントである家族のために作られたブランドをたいへん誇りに思っています。 Valériaのために、心のサッカーチームCLUBE ATHLETIC MINEIRO(アトレチコ・ミネイロ)のマスコットデザインを採用し、彼女の家の冷蔵庫に貼っています。 ゲームの日には一緒に飲んで、みんなでチームを応援します。

賞金で何をしましたか?または何を買いましたか?

新しいノートを買うのにお金の一部は使いましたが。 ほとんど貯金しています。 今年の1月の3日から18日までの間に3つのコンテストに入賞しました。 本当に驚きましたし、とてもハッピーでした。

私のパートナーのAlexandreは、ナチュラルジュースのキオスクにお金を投資し、一部は貯金しています。 彼とは一月に2度会って、彼の分野であるビデオコンテストの概要について話し合っています。

eYeka3語で表すとしたら、どういったものになりますか?

モチベーション、ドーパミン、それにびっくり

最後に新しいクリエーターに何かアドバイスをいただけますか?

あなたが最も共感を感じられるコンテストを選択するようにお勧めします。 時に複数のコンテストが同じ締め切りを設定していますが、多くのコンテストを一度に選択すると、クリエーションプロセスの品質を下げることになる可能性があります。 賞金の額で選ぶのではなく、自分のハートに従いましょう。

そして心を開いて、じゆーにイマジネーションを持ちましょう。 リサーチやブレインストームをすることで、自身のクリエーションプロセスを確立しましょう。 最も考えにくい場所からインスピレーションを得るようにしましょう。 MANUAL RAZORSのコンテストで私たがえたアイディアは、電磁石システムを利用している、働いている職場にあるドアの観察から得られました。 これを認識したときに、簡単かつ実用的に刃と接続できるマグネットが付いたレザーの刃のケーブルの作成のアイディアを得ました。

どんな人にもクリエイティブな可能性はあると思いますが、それを発展させるには何らかの方法で刺激を充てる必要があります。 MACGYVER (80年代および現在)の素晴らしいシリーズ、および50年代のMADMENなどといった、それは音楽、読書、クリエイティビティに関するものを通じた刺激で賞。 要するに、クリエイティビティはソリューションに対するフォーカスでしかありません。 何らかの形で私のアドバイスが新しいクリエーターの助けとなればいいなと思います。 皆さん頑張ってください、私のアバターのミスター・スポック的に言えば Long and Prosperous Life(長く素晴らしい人生を!)です。 あははは! アローーーハ!!!

https://eyekaen.uservoice.com/assets/122812549/MF_-_Marina_2.JPG

お時間取っていただき、素晴らしいお話をありがとうございました!将来のeYekaコンテスト、およびクリエイティブライフにおける幸運をお祈りしてます。.